絵本の読み聞かせをしてみよう!よみっこ ブログ




<< めんどりとこむぎつぶ | main | のはらのスカート >>
めだま

 落語絵本でございます。

 落語というと、楽しむものは、お話ばかりじゃございません。

 噺家の話術はもちろんのこと、表情や所作などなど……
 だけではなくて、本題に入る前の「枕」なんていうのもありまして、噺家の腕やセンスの見せ所にもなっております。

 落語絵本だからといって、この部分を無くすこともないのですね。

 「めだま」には、ちゃんとあるのです。
 こんなところにも作者の思い入れが見えてくるような気がします。

 それで作者はというと、「男はつらいよ」の山田洋次監督です。

 でもこの絵本、文章ばかりじゃありません。
 絵が、すばらしい!

 絵の迫力があるだけではありません。
 グロテスクなシーンもあるのですが、聞き手に少しもそんな感じを抱かせない。
 噺家の話でもそうです。

 それが腕というものかもしれません。


 奥付の作者紹介の中に書かれていました。

 「今回の『めだま』は、二十年余り、アトリエの隅で眠っていました。時が来るのをじっと待っていた。ついに目が開いて絵本になった。」 

 ありがたいことです。
 いいものを見せていただき、感謝をしております。




| comments(0) | trackbacks(0) | 13:16 | chaury |

このページの先頭へ










http://yomikko.jugem.jp/trackback/106
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

+ 現在表示中の記事
+ 記事の項目
+ RECOMMEND
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ PROFILE
+ COUNTER
ブログパーツUL5