絵本の読み聞かせをしてみよう!よみっこ ブログ




<< ふたりのナマケモノ(絵本) | main | いるのいないの(絵本) >>
マイマイとナイナイ(絵本)
 岩崎書店の「怪談えほん」シリーズの2冊目。

 なんでもない普通の少女の、ほんのちょっとしたアクセントはチャームポイントになる。
 エクボやホクロなどは、そうかもしれない。

 しかしこの絵本に登場するのは、宇野 亜喜良さんが描く、たおやかで色気あふれる少女。

 その少女に、ちょっとしたグロテスクが加わると……

 恐怖が生まれる。

 その恐怖は不思議なことに、普通の少女のチャームポイントと同じように目が離せなくなる。

 けれども当然のことながら……

 愛くるしさに目を奪われてしまうからではない。
 その恐怖に魅入られて、目をそらすことが出来なくなってしまうからだ。

 ぜひとも注意をしていただきたい。
 この少女に、未知の世界に引きずり込まれることのないように……



| comments(1) | trackbacks(1) | 12:31 | chaury |

このページの先頭へ

この内容は怪談と言うよりは、ダーク・ファンタジーのような気がします。
子どものときと大人になってからでは、読んだ印象が変わりそうな感じがしました。

トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
| 藍色 | 2014/08/08 4:49 PM |



………………………………………………………………………   このページの先頭へ











http://yomikko.jugem.jp/trackback/210
「怪談えほん (2) マイマイとナイナイ」皆川博子・宇野亜喜良/絵
皆川博子と宇野亜喜良コンビによる、美しく、怖い物語。 マイマイは、小さい小さい弟、ナイナイをみつけた。マイマイは、ナイナイをこわれた自分の右目にいれて、そっと右目をあけてみる。すると、そこには不思議な世界がひろがっていた。 この内容は怪談と言うよりは
| 粋な提案 | 2014/08/08 4:44 PM |



………………………………………………………………………   このページの先頭へ

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

+ 現在表示中の記事
+ 記事の項目
+ RECOMMEND
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ PROFILE
+ COUNTER
ブログパーツUL5