絵本の読み聞かせをしてみよう!よみっこ ブログ




<< マイマイとナイナイ(絵本) | main | さくらいろのランドセル(絵本) >>
いるのいないの(絵本)
 岩崎書店の「怪談えほん」シリーズの3冊目。

「いるのいないの」って……

 そりゃぁ、いますよ!

 いなけりゃ「怪談えほん」にならないじゃありませんか!?

 でも……

 どのようにして居るのか?

 そして……

 どのようにして出てくるのか?

 これが問題なんです……

「出たー!」

 ……ちょいと背筋に寒さを感じてしまいました。



| comments(1) | trackbacks(1) | 12:18 | chaury |

このページの先頭へ

読む前から「怖い」とは覚悟してたのですが、
やはり衝撃が大きかったです。頭からラストが離れない…。
だけどなぜかひきつけられてしまう本です。

トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
| 藍色 | 2014/09/05 3:03 PM |



………………………………………………………………………   このページの先頭へ











http://yomikko.jugem.jp/trackback/212
「怪談えほん (3) いるの いないの」京極夏彦
京極夏彦と町田尚子が腹の底から「こわい」を引きずり出す―― おばあさんの古い家で、ぼくはしばらく暮らすことになった。その家の暗がりに、だれかがいるような気がしてしかたない。 少年が一人でお婆さんの家に引越してきます。 美しく明るいんだけど、ふと気付
| 粋な提案 | 2014/09/05 3:01 PM |



………………………………………………………………………   このページの先頭へ

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

+ 現在表示中の記事
+ 記事の項目
+ RECOMMEND
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ PROFILE
+ COUNTER
ブログパーツUL5