絵本の読み聞かせをしてみよう!よみっこ ブログ




<< こわ〜い おはなし会(12年8月) | main | 吉祥院の吉祥天女とトトロ >>
悪い本(絵本)
 岩崎書店の「怪談えほん」シリーズの1冊目。

「悪い本」だなんて言って、
 逆説的に、まともな人間になったりするための「良い本」なのだろう。

 なんてことを思っていたのだけれど……

 本当に「悪い本」だった!

 しかし……
 世の中は、悪いことで満ち満ちている。
 これらをベールで覆い隠したままで、
「生きるってすばらしい!」
 なんてことを叫ぶのは、嘘っぱちだ。

 ならば、どうするのか?
 そんな悪いことも含めた世の中全部を愛すべきなんだ。愛するからには、自分と共に愛する対象も一緒に高めていかなくてはならない。

 どうしようもない人間が作り上げている、どうしようもない世の中……

 でも、しかし、それでも……愛しているなら、
 ほんの少しでもいい人になって、
 ほんの少しでもいい世の中にしようと思うことができる。

 もし、あきらめてしまえば……
 誰もがどうしようもない人間なのだから、
 すぐに悪いことに取り込まれてしまう。

 そうなっちゃ、いけない。
 だから、この絵本は、ふたたび手にしちゃいけないんだ……?

「悪い本」のラストは、次の文章で締めくくられている。

「あなたが わたしを わすれても
 わたしは あなたを わすれない」

 そんなことを言ったって、二度と「悪い本」に手を出しさえしなければいい。。

 けれども、なにか苦しいことがあって弱っている時や、しあわせボケなどになっている時は、
 どんなものにでも手を出してしまいそうになる。
 何でもいいからすがりつきたくなるし、救いを求めたくなるし、どんな人でも信用してしまいたくなる。

 だから……

 悪いことに対する緊張感を持ち続けるために、
「悪い本」を繰り返し眺め直すことをお勧めする!



| comments(0) | trackbacks(0) | 12:21 | chaury |

このページの先頭へ










http://yomikko.jugem.jp/trackback/262
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

+ 現在表示中の記事
+ 記事の項目
+ RECOMMEND
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ PROFILE
+ COUNTER
ブログパーツUL5