絵本の読み聞かせをしてみよう!よみっこ ブログ




<< そらを あるく しろい ぞう(絵本) | main | あ〜っ!(絵本) >>
きょうはマラカスのひ(絵本)
 み〜つけた! 大好きな絵本。

 ……でも……この絵本……
 好きと嫌いに好みが大きく別れそうな気がします。

 そこで、こんな絵本の私の楽しみ方を少しだけ……

 この絵本は、最初から最後まで笑いに包まれています。

 でも……笑ってはいけません!
 まじめにまじめに見つめて……そして読み進めます。

 そうすると……
 じわじわ、うずうず、というような感じで、内臓がくすぐられるような可笑しさが湧き上がってきます。

 それでも、そんなことは少しも顔には出さずに読み続けます。

 そうして最後に……軽く鼻先で「ふっ!」と笑えばいいのです。

 けっして大笑いではありません……が、
 くせになりそうな笑いです。

 内容はというと……

 登場するのは「クネクネさん」。
「クネクネさん」は、2人の友達「パーマさん」と「フワフワさん」と一緒に「マラカスのかい」というものを作っています。
 マラカスというのは楽器のマラカスです。
 そのマラカスの発表会が開かれた日の様子が描かれています。

「クネクネさん」を見ると犬のようにも見えるのですが、説明はありません。
「パーマさん」は人のようですが、
「フワフワさん」はライオンのように見えます。
 ……もちろん2人に関する説明もありません。

 3人は何者なのか? なぜ「クネクネ」なのか? 
「クネクネさん」は男なのか女なのか?
 3人とも着ぐるみを着ているのではないだろうか?
「クネクネさん」は、もも引きのようなタイツをはいて両手にマラカスを持ってポーズをとっているのだけれども、これはかっこがいいのだろうか?
 そもそも三人は、なぜマラカスなどという楽器を始めて発表会まで開くようになったのか?
 それに、なぜ3人だけの発表会で、他のお客様を呼ばないのだろうか?
「クネクネさん」は、マラカスの演奏の最後に「えびぞりで ジャンプ!」をするのですが、ももクロのファンなのではないだろうか?

 ……なんていうことは、どうでもいいのです!

 もちろん、それぞれの「?」に対して妄想を巡らして遊ぶことも出来ますが、それはまた後回しにして、最初はマラカスの発表会を楽しみましょう。

 マラカスの演奏のシーンが、たまりません。

 動画となった映像が頭の中に浮かんできます。

 このシーンは、大いに盛り上がるところなのです。

 ですから実際の映像にするなら、さらに楽しくなるように、効果的な音楽を流したくなります。けれども……
 それはいけません!

 それは、この絵本の楽しみ方ではありませんし、
 この絵本の楽しさを奪うことになってしまいます。

 マラカスの音だけが聞こえるからいいのです。

 なんだか間の抜けたような、寂しげな……

 チャッ チャッ チャッ

 まじめに、まじめに……

 チャッ チャッ チャッ

 得体のしれない不思議な雰囲気の3人が……

 チャッ チャッ チャッ

 ……どうですか?

 ……まあ、ここで分かる必要はないのですが……

 とにかく……可笑しいか可笑しくないか、ぜひ手にとってご覧ください。



| comments(0) | trackbacks(0) | 23:41 | chaury |

このページの先頭へ










http://yomikko.jugem.jp/trackback/452
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

+ 現在表示中の記事
+ 記事の項目
+ RECOMMEND
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ PROFILE
+ COUNTER
ブログパーツUL5