絵本の読み聞かせをしてみよう!よみっこ ブログ




<< あ〜っ!(絵本) | main | これはちいさな本(絵本) >>
りんごかもしれない(絵本)
ヨシタケシンスケ
ブロンズ新社
(2013-04-17)

 男の子が妄想を……徹底的に……楽しんでいる絵本。

 絵本をより楽しむために「妄想をして遊びましょう!」
 なんていうことを、機会があるごとに書いている私にとっても、
 びっくりの絵本。

 オープニングで……

 男の子が、テーブルの上にのっていた一つの「りんご」を見つけ、
「りんごじゃないのかもしれない」
 と思ったところから妄想が始まります。

「りんごじゃなくてミカンなのかもしれない」
「りんごじゃなくて大きなサクランボなのかもしれない」

 といったような軽い感じで入るのですが、
 作者は出し惜しみをしません。
 すぐに「お〜!」とうなるような「〜かもしれない」が出現します。

 そしてこの絵本のすごい所は、

「りんごじゃなくて〜かもしれない」のネタが最後まで続くこと。

 ふつうならばネタが途切れて……または飽きてしまうので、
「〜かもしれない」から離れて、別の妄想に次々と移り変わっていくというパターンになります。
 このような展開によって物語が出来上がり、最後に主人公が現実に戻ってきて終了ということになるはずです。

 けれども「りんごかもしれない」には、そんな物語は必要ないのです。

 最初から最後まで「〜かもしれない」でいいのです。

 それだけで、私たちをただの一度も飽きさせることはないのですから。

 恐るべし、作者「ヨシタケシンスケ」さんの妄想力!

 付け足しておきます……

 見返しにも「〜かもしれない」のネタが描かれているのですが、
 これも本文とは関係のない、独立した「〜かもしれない」です。

 ……どこまでも……素晴らしくしつこい「ヨシタケ」さんです!



| comments(0) | trackbacks(0) | 13:52 | chaury |

このページの先頭へ










http://yomikko.jugem.jp/trackback/454
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

+ 現在表示中の記事
+ 記事の項目
+ RECOMMEND
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ PROFILE
+ COUNTER
ブログパーツUL5