絵本の読み聞かせをしてみよう!よみっこ ブログ




<< 児童館のおはなし会(13年6月) | main | 川をのぼって森の中へ(写真絵本) >>
さかさまになっちゃうの(絵本)
 何が「さかさまになちゃうの」かというと……

 文字です。

 学校に通っているアルフィーは、まだうまく字を書くことが出来ません。
 他のみんなは、ちゃんと書くことが出来るのにもかかわらずです。

 それなのに……

 先生に「教えてください!」などと聞くことができません。

 なぜなら……

「せんせいに おしえてもらいたいけれど、
 そんなことをしたら、みんなが わらうかもしれない。」

 ……なんてことを思ってしまうからです。

 アルフィーが教えてもらうことが出来ないのは、教えてもらうことが恥かしいからじゃないのだと思います。

 先生も含めて他のみんなから「字も書けないダメなヤツだ」という目で見られることが恥ずかしいのです。

 こんなアルフィーは、特別じゃありません。
 似たようなことで気になっていたことがあります。

 失敗をすることを恐れる子どもが多くなっているような気がするのです。

 だから……

 すべての子どもたちに、知ってもらいたいのです!

 これから生きていく将来のために……

 たくさん失敗する必要があるのだということを。
 失敗しなくちゃいけないのだということを。

 子ども時代は、長い人生の中の「修行期間」でもあるということを。

 数多くの失敗をしておけば、
 大人になってから失敗をしなくなる…… 

 ……大人になってからも失敗はするけれども……

 失敗の数を減らし、失敗を小さくすることはできるようになるのです!

 失敗は、恥かしいことじゃない。
 失敗をしたということは、行動をしたことの証なのだから。
 行動をしなければ失敗をすることもできやしない。

 失敗をすれば、次に進める。
 次に何をすればいいのかが見えてくる。
 落ち込んでいる暇なんて、ありゃしない。

 さぁ、いろんなことをして、たくさんの失敗をしよう!



| comments(0) | trackbacks(0) | 16:45 | chaury |

このページの先頭へ










http://yomikko.jugem.jp/trackback/463
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

+ 現在表示中の記事
+ 記事の項目
+ RECOMMEND
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ PROFILE
+ COUNTER
ブログパーツUL5