絵本の読み聞かせをしてみよう!よみっこ ブログ




<< さかさまになっちゃうの(絵本) | main | しーっ(絵本) >>
川をのぼって森の中へ(写真絵本)
 秘境などと呼ばれている場所でも、
 私たちが、行くことの出来ない所ではなくなっている。

 行こうと思えば、いつだって行ける!

 観光パンフレットを、ちょいと探してみれば、
「秘境ツアー」などというものが、いくらでも見つかる。

 今は、決死の覚悟をしなくとも「秘境」と呼ばれる地に、何不自由なく行くことだってできる。
 添乗員の庇護のもと、ツアーの飛行機に乗り、列車やバスにゆられ、ホテルの快適さを満喫しながら旅することも出来る。
 けっして、かつて貧乏なバックパッカーであった私のひがみではない。
 様々な旅のスタイルがあっていいし、
 そのような旅はとても素晴らしいことだと思っている。
 
 しかし、すべてが整った旅をしていると、
 ……もちろん一部の人ではあるのだけれども……
 勘違いをしてしまうことがある。

 旅行者は王様になり、
 現地の人たちを見下す態度をしてしまう時があるのだ。

 多くの人が、そんなことは有りえないと思うはずだ。

 けれども旅先で、知らずのうちに、やってしまっていることがある。
 たとえば……撮ってきた写真を思い返してしてほしい。

 自然の風景ではなく現地の人たちを撮った写真を……

 撮られる人の気持ちを、しっかりと感じながら撮っていたか?
 撮り逃げなんていうことをしていなかったか?
 たった一人の人の一枚の写真を撮るために、
 どれだけのコミュニケーションをしたのか?

 秘境へ行くことの大変さなんて、
 今は、それほどのことでもない……

 だからそうしたことよりも、

 その土地で現地の人たちと、どのようなコミュニケーションをしたのかということが、こうした写真絵本を眺める時のポイントの一つになる。

 そのポイントの分かりやすい指標の一つが……
 この絵本に写し出されているような子どもたちの笑顔だと思っている。



| comments(0) | trackbacks(0) | 22:17 | chaury |

このページの先頭へ










http://yomikko.jugem.jp/trackback/464
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

+ 現在表示中の記事
+ 記事の項目
+ RECOMMEND
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ PROFILE
+ COUNTER
ブログパーツUL5