絵本の読み聞かせをしてみよう!よみっこ ブログ




<< 第3回「The WaWaWa!〜座輪話和の会」参加者募集! | main | がたん ごとん がたん ごとん >>
ばけものでら
 旅をしている「ぼうさま」が、古寺に出没する化け物たちを成仏させてあげる物語です。

 「ぼうさま」が、たまらなくいいです。
 偉い坊さまなのかどうかなんてことは、見た目ではわかりません。
 けれども、浅黒い肌とギョロリとした大きな目に無頼のにおいがただよいます。
 長旅で風雨にさらされたためか、ペラペラで破れているような僧衣も、その雰囲気を盛り上げています。
 坊さまは、ただものではないという予感!

 化け物の正体は、使われなくなって捨てられた「道具」たちの化身でした。

 坊さまは、その化け物たちを、さっさと退治をするわけではありません。
 争わないのです。
 偉そうに説経をするわけでもありません。

 坊さまは、化け物たちと付き合うのです。
 坊さまが、どのように化け物たちと接したのかというと……絵本を見て確かめてください。

 坊さまは、自然体で化け物たちと同じ場所にいることができます。
 無理することもなく、受け入れることができるということなのでしょうね。
 無頼の坊さまには、度量があります!
 きっと化け物たちは、そんな坊さまを信頼したのです。

 ですから化け物たちは、坊さまに……

 「おまえたちも ゆっくり やすめ」

 ……と言われると、何も言わずに「ひゅーんと きえた」のでしょう。
 このシーンが、いいです!
 坊さまの優しさが、セリフだけでなく見開きの画面全体から、じわっとにじみ出てくるようです。



| comments(0) | trackbacks(0) | 22:06 | chaury |

このページの先頭へ










http://yomikko.jugem.jp/trackback/48
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

+ 現在表示中の記事
+ 記事の項目
+ RECOMMEND
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ PROFILE
+ COUNTER
ブログパーツUL5