絵本の読み聞かせをしてみよう!よみっこ ブログ




<< ぎふちょう(絵本) | main | この あかい えほんを ひらいたら(絵本) >>
まんげつのこどもたち (絵本)
 作者・軽部さんの画集を見ているような、妖しくて美しい絵本。

 満月の夜、子どもたちがコウモリやタヌキなどに家から連れ出され、リンゴだと思われる真っ赤な果実を食べに行くという話。

 でも何度か眺めているうちに……

 子どもたちは、人間のような姿をしているけれど、

 ほんとうは……夜の闇が生み出した、

 一夜かぎりで消え去ってしまう妖怪ではないかと思えてくる。

 闇は、周囲が明るければ明るいほど際立つもの。

 月明りだけでなく闇の力も頂点に達する満月の夜に、

 闇は、はらんでいた子どもたちを産み落としたのかもしれません……

 もしかしたら……

 子どもたちは、「月」と「闇」が交わってできた子ども……

 ということは……

「まんげつのこどもたち」は「やみのこどもたち」でもあるということ。

 そこで……

 どこかに「やみのこどもたち」などという文字が隠れているのではないかと探してみたのですが、どこにも見当たりませんでした。

 もしかしたら……

 満月の夜に、この絵本を眺めてみると、

 タイトルが「やみのこどもたち」に変わっているのかもしれません……



| comments(0) | trackbacks(0) | 16:23 | chaury |

このページの先頭へ










http://yomikko.jugem.jp/trackback/493
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

+ 現在表示中の記事
+ 記事の項目
+ RECOMMEND
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ PROFILE
+ COUNTER
ブログパーツUL5