絵本の読み聞かせをしてみよう!よみっこ ブログ




<< ぶたばあちゃん(絵本) | main | カエルのおでかけ(絵本) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




| - | - | | スポンサードリンク |

このページの先頭へ

図書館のおはなし会(13年8月)
1.おめんです
2.ガッタンゴットン
3.ちゅっちゅっ
4.はいチーズ
5.あーん
6.ねむるねこざかな

<☆chaury担当>

 来てくれた子どもは3歳くらいまでの子だったので、「はいチーズ」は、お母さん中心にということで「よみっこ」をしたのですが、子どもたちも、とても楽しんでくれました。

 そこであらためて、
 子どもたちは、よく「間」を分かっているなと感じた次第です。

 特徴的だったのが……

 主人公の少年が、長い間憧れ続けているのにもかかわらず一度も食べたことのないチーズを、ある日、口にすることが出来たシーンです。

 大切に、たいせつに、タイセツに、少年はチーズを口に含みます。

 ここで、ページをめくることになり、自然に「間」ができます……

 「ま、まずい!」

 しかも右綴じの絵本の、この見開きの向かって右側に、
 チーズを手にして固まっている大きな顔の少年が描かれているのです。
 そして左側に「ま、まずい!」と他の文章があります。

 この配置を見ると、
 作者が、この部分で「間」をどれだけ考えているかが分かります。

 それを子どもたちは、ちゃんと分かっているのです。
 その「間」に反応して笑うのです。
 こんな時は、「あー、分かってくれた!」と思い、読んでいてとて嬉しくなってきます。


 「あーん」は、よく笑ってくれました。
 案の定、最後のシーンは、気に入ってくれたみたいです。
 でも予想以上に笑っていたので、描かれているものの他に何が出てきたらよかったのかを聞くことは止めました。
 その代り、最後のページを、子どもたちの顔に押し付けてやりました。

 絵本なのに、
 「くさーい!」なんてことを言う子もいましたよ……

| comments(0) | trackbacks(0) | 16:46 | chaury |

このページの先頭へ

スポンサーサイト

| - | - | 16:46 | スポンサードリンク |

このページの先頭へ










http://yomikko.jugem.jp/trackback/506
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

+ 現在表示中の記事
+ 記事の項目
+ RECOMMEND
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ SPONSORED LINKS
+ OTHERS
+ PROFILE
+ COUNTER
ブログパーツUL5