絵本の読み聞かせをしてみよう!よみっこ ブログ




<< ぼく、いってくる!(絵本) | main | ぼくのおおじいじ(絵本) >>
ランドセルは海を越えて(写真絵本)
 表紙には、ピンクのランドセルを背負った少女が写っている。

 なんとも違和感がある。

 少女は、アラブ人を思わせる横顔をしており、大判の白いショールで頭だけでなく肩までおおっている。
 そしてランドセルは、日本特有のもので海外では使用されていない。

 だからよけいに……

 異文化の、みごとな交わりを感じることができる。

 「みごと」というのは、少女の笑顔から受ける印象だ。

 文具を入れたランドセルをアフガニスタンに送る活動が、2004年から続いているそうだ。

 この絵本は、ランドセルを受け取った子どもたちを通して、アフガニスタンの現状を私たちに垣間見せてくれる。

 そうして……

 大切なことは「教育」なんだということを、あらためて確認させられる。

 そしてすぐに気付かされる……

 ランドセルを送る活動の素晴らしさは、
 日本とアフガニスタンの「子ども」を結ぶ活動だということ。

 日本の大人がアフガニスタンの子どもに何かを送っているのではなく、
 送るにあたって、
 ランドセルを持つ子どもたちの意思が働いているということ。

 もしかしたら……

 こんな結びつきが、将来に何か素晴らしいことを生み出すのかもしれない。



| comments(0) | trackbacks(0) | 19:31 | chaury |

このページの先頭へ










http://yomikko.jugem.jp/trackback/534
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

+ 現在表示中の記事
+ 記事の項目
+ RECOMMEND
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ PROFILE
+ COUNTER
ブログパーツUL5