絵本の読み聞かせをしてみよう!よみっこ ブログ




<< もうなかないよ、クリズラ(絵本) | main | きいのいえで(絵本) >>
あたし いえでしたこと あるよ(絵本)
 家出というのは、形の問題ではありません。
 気持ちの問題です。

 何日も、何か月も、何年もの間、家を出て行方不明になったりするのではなく、違ったタイプの家出だってあるのです。

 ですから……

 家出をしたことを誰も気が付かない家出や、
 家出をしたなんて誰も信じていない家出だってあるのです。

 登場する女の子の「あたし」の家出もそうです。

 「あたし」は、ちゃんと「ママ」に「さよなら」を言ってから家を出ます。
 でも、何時間も経たないうちに帰ってきます。

 すると……

 「あたし」を迎える「ママ」が言うのです。

 「楽しかった?」

 ……それでもこれは、家出なんです。

 「あたし」が、そう思ったのですから!

 「あたし」のこの思いは、大切なものです。
 なぜなら「あたし」は、家出をする度に成長していくのですから……

 家出というのは、「巣立ち」のための訓練でもあるのかもしれませんね。

 ただし……

 意義ある家出にするためには、
 「楽しかった?」と言えるような親の力も必要なのでしょうね。



| comments(0) | trackbacks(0) | 16:04 | chaury |

このページの先頭へ










http://yomikko.jugem.jp/trackback/537
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

+ 現在表示中の記事
+ 記事の項目
+ RECOMMEND
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ PROFILE
+ COUNTER
ブログパーツUL5