絵本の読み聞かせをしてみよう!よみっこ ブログ




<< ちびはち(絵本) | main | ときめきのへや(絵本) >>
さみしかった本(絵本)
ケイト バーンハイマー
岩崎書店
(2013-09-10)

 やわらかな肌触りのセーターに触れた時のような安らぎを感じる絵本。
 やわらかな心優しい登場人物が、穏やかな淡い絵で描かれています。

 読まれなくなった本の寂しさを感じて切なくなる部分もあります。
 たとえ本の内容は、多くの人の心の中に残ったとしてもです。 

 寂しさの中にいた本を救い出すのが、主人公の女の子「アリス」。

 読みようによっては……

 登場するアリスと本の「ラブストーリー」として受け取ることもできます。

 それは……

 アリスが読者にそう思わせるくらいに、本を愛したということです。

 アリスと本の偶然の出会い、
 幸せな日々、
 不運なすれ違いなどを経た後に訪れるクライマックス。

 アリスが本を抱きしめている姿がいいです!



| comments(0) | trackbacks(0) | 18:15 | chaury |

このページの先頭へ










http://yomikko.jugem.jp/trackback/548
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

+ 現在表示中の記事
+ 記事の項目
+ RECOMMEND
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ PROFILE
+ COUNTER
ブログパーツUL5