絵本の読み聞かせをしてみよう!よみっこ ブログ




<< ベルとブゥ おやすみなさいの じかん(絵本) | main | ぼくはここにいる(絵本) >>
紙のむすめ(絵本)
ナタリー ベルハッセン
光村教育図書
(2013-08)

 イスラエルの切り絵作家による「切り絵」の絵本。

 おもしろいのは……

 タイトルでも分かるように、登場人物は紙から生まれた娘だということ。
 さらに、すべての物が紙で作られている紙の国の物語だということ。

 美しい切り絵を見てもらうために作られた絵本なのかもしれない。

 けれども……

 もちろん物語もおもしろい!

 「紙のむすめ」は、たった一人で紙の国に住んでいる。
 そんな娘は、自分の望みを、自分自身でハサミを使い、紙から切り出すことによって次々と叶えていく。

 それなのに……

 もっとも望んでいたものは、最後まで自分の手で切り出すことはなかった。

 なぜなのか?

 このことについて、あれやこれやと考えを巡らしていくと、
 大切な何かを見つけたりすることができるはず……

 お茶やお酒のおともにどうぞ!



| comments(0) | trackbacks(0) | 15:33 | chaury |

このページの先頭へ










http://yomikko.jugem.jp/trackback/551
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

+ 現在表示中の記事
+ 記事の項目
+ RECOMMEND
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ PROFILE
+ COUNTER
ブログパーツUL5