絵本の読み聞かせをしてみよう!よみっこ ブログ




<< 赤いおおかみ | main | ぶす >>
おんちょろきょう
 「おんちょろきょう」は、「ねずみきょう」という題名でも知られている昔話です。

 そして、「きょう」というのは「経」であって「お経」のことです。

 「お経」とは、大辞泉によると「仏や聖者の言行や教えを文章にまとめたもの」と書かれています。

 ……なんで仏様に「お経」をあげるのだろうか?

 ご先祖様(仏様)に仏の教えを説いてもしかたがないじゃないか!



 登場する「おばあさん」は、先立たれた「おじいいさん」にあげるためのお経を一つも知りませんでした。
 「おばあさん」は、「おじいいさん」のことを、一日たりとも忘れたことがないにもかかわらずです。

 けれどもある日、「おばあさん」は、道に迷って困っていた、お寺の「おこぞうさん」を家に泊めてあげたお礼に、お経を教えてもらうのです。

 それが、「おんちょろきょう」でした。

 けれども「おこぞうさん」は、お経なんて知らなかったのです。
 ですから「おんちょろきょう」は、いいかげんな、でまかせの、インチキお経でした。

 でもでも「おばあさん」は、「おんちょろきょう」によって、窮地から無事に救い出されることになります。



 きっと、仏様になった「おじいいさん」が、「おばあさん」のことを助けてくれたのに違いありません。

 愛の力!!!

 百八つの煩悩にまみれた人間の直列的な考え!



 そこで、「お経をあげる」ということです。
 
 「お経をあげる」とは、仏の教えを読み上げるという修行によって、功徳を積むことだそうです。
 そしてその功徳を、ご先祖様に捧げるこで供養につながります。


 けれどもです……


 「おじいいさん」のことを想いながら、いっしょうけんめいにお経を唱えている「おばあさん」を見ていると……

 イカサマ「おんちょろきょう」が、ラブレターではないかと思えてくるのです。

 描かれてはいませんが、「おばあさん」の周りには、いくつものハートマークが揺らいでいるように感じます。


 ですから「お経をあげる」ことは、ただ単に「愛すること」でもいいのではないでしょうか。

 とはいっても……

 「愛すること」も、「修行」であって「功徳」を積んでいることになるのかもしれませんけどね……



| comments(0) | trackbacks(0) | 19:19 | chaury |

このページの先頭へ










http://yomikko.jugem.jp/trackback/57
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

+ 現在表示中の記事
+ 記事の項目
+ RECOMMEND
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ PROFILE
+ COUNTER
ブログパーツUL5