絵本の読み聞かせをしてみよう!よみっこ ブログ




<< わたしの足は車いす(絵本) | main | おによりつよいおよめさん(絵本) >>
りきしのほし(絵本)
 加藤休ミさんの相撲の絵本です。

きょうのごはん」の加藤休ミさんですから、リアリティがあります。

 ですからストーリー展開よりも、絵をじっくりと眺めて、
 お相撲さんの稽古や生活、
 相撲部屋の様子を垣間見ることを楽しんでもらいたいです。

 相撲大好きの私としては、うらやましい限りです。

 なぜならば……

 おそらくこの絵本のために、
 どこかの相撲部屋に取材に行ったのではないかと思うからです。

 どの部屋だったんだろうか……
 お相撲さんは、誰がいたんだろうか……
 稽古では、どんな音がしていたのだろうか……
 どんな匂いがしていたのだろうか……
 ちゃんこを戴いたんだろうな……

 こんなことを思ってしまうのも、
 絵のリアリティがあるからこそです。



| comments(0) | trackbacks(0) | 22:23 | chaury |

このページの先頭へ










http://yomikko.jugem.jp/trackback/597
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

+ 現在表示中の記事
+ 記事の項目
+ RECOMMEND
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ PROFILE
+ COUNTER
ブログパーツUL5