絵本の読み聞かせをしてみよう!よみっこ ブログ




<< いじめっこ(絵本) | main | サンドイッチ いただきます(絵本) >>
いちばんでんしゃの うんてんし(絵本)
 なんてことはないのです。

 電車の運転士の「なかむらさん」が、
 東京のJR中央線の始発電車を、
 東京駅から高尾駅まで走らせるだけなのですから。

 でも……

 これがいいのです!

 私は、鉄道マニアではないのにもかかわらずです。

 文の「たけむら せんじ」さんは、元JR東日本の社員で、長年中央線の車掌として勤務をしていたそうです。

 だから……

 リアルなのです。
 細部にまでこだわっているのです。

 素人でも、そんなところに引き付けられてしまいます。

 物語は、運転士の寝起きから始まるのですが、
 開始早々、そんなこだわりのシーンが登場します。

 運転士の「なかむらさん」は、自動起床装置によって起こされます。

 この自動起床装置というのは……

 セットされた起床時刻になると、
 ベットの床板とマットレスの間にあるエアーバッグが膨らみ
 寝ている人を起こす装置なのだそうです。

 あお向けに寝ている「なかむらさん」の腰が持ち上がり、
 体が弓なりになっている絵を見た時は、
 一瞬、冗談かと思ってしまいました……

 鉄道マニアは、もちろん必見ですが、
 そうでない人までも楽しめてしまう電車の絵本です!



| comments(0) | trackbacks(0) | 16:19 | chaury |

このページの先頭へ










http://yomikko.jugem.jp/trackback/614
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

+ 現在表示中の記事
+ 記事の項目
+ RECOMMEND
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ PROFILE
+ COUNTER
ブログパーツUL5