絵本の読み聞かせをしてみよう!よみっこ ブログ




<< とくべつな いちにち(絵本) | main | 老人ホームのおはなし会(15年3月) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




| - | - | | スポンサードリンク |

このページの先頭へ

ぼくのジィちゃん(絵本)
くすのき しげのり
佼成出版社
(2015-03)

 運動会の絵本。

 走ることが苦手な男の子「ヒロシくん」の家に、
 運動会の日の応援のために「ジィちゃん」がやってきます。
 運動会の当日、PTAのリレーの選手になっていた「とうさん」が、
 仕事の都合で帰らなければならなくなります。
 代わりに走ることになったのが、
 見るからによぼよぼの「ジィちゃん」。
 ところが……

 ……という話。

「ジィちゃん」の走りは、絶対に一見の価値あり。
 絵本を手に取って確認してください。

 爽快です!

 読者の私たちまでが、スッキリとした気分を味わうことができます。

 ギャップがいいのです!

 このところ、恋愛話などでよく使われる言葉ですが、 
「ぼくのジィちゃん」でも
 このギャップが活かされています……

 けれども、見落としてはいけません。

 このギャップは、なぜ生まれたのかということ。

 読者を驚かせるためだけではないはずです。

 きっと……

「ジィちゃん」の偉ぶらない性格が
 ギャップを生みだしたのだと思うのです。
 ギャップは「ジィちゃん」の人間性の表れです。

 関連したことで……

 もう一つ見落としてほしくないものが、
「ジィちゃん」の着ているTシャツです。

 正面を向いた白いウサギが、
 大きくプリントされているのですが、

 なんと……

 アインシュタインのように、
 舌を出しているのです。

「なんちゃってね!」の感じがあります。

 ギャップのあるところを見せた「ジィちゃん」ですが、
 あくまでも偉ぶらないという性格と
 ユーモアのセンスのあることを表しているような気がします。

 さらに……

 外見だけの見せかけや、思い込み、などというものを
 否定して……打ち壊して……叩きのめして……
 本物のすごさを見せつけることに役立っています。

 おそらく……

 このTシャツは、
 そんな「ジィちゃん」にしか着こなせないと思いますよ……!

| comments(0) | trackbacks(0) | 15:56 | chaury |

このページの先頭へ

スポンサーサイト

| - | - | 15:56 | スポンサードリンク |

このページの先頭へ










http://yomikko.jugem.jp/trackback/893
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

+ 現在表示中の記事
+ 記事の項目
+ RECOMMEND
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ SPONSORED LINKS
+ OTHERS
+ PROFILE
+ COUNTER
ブログパーツUL5